私が好きだった医療ドラマは、最後の恋というドラマです

私が好きだった医療ドラマ

私が好きだった医療ドラマは、かなり前になりますが、中居君と常盤貴子が出ていたドラマでたしか、最後の恋というドラマです。これは内容がかなりハードで見ていたときはまだ小学生の高学年くらいだったのですが、結構頻繁に思い出すようになりましたね。中居君が研修医かなにかの役で、常盤貴子が彼女役でした。結構はっちゃけた感じの彼女役で今の大人しいイメージの常盤貴子とは違っていて、今から考えるとびっくりするような感じでした。中居君と付き合っているのですが、お金のために見ず知らずの男と売春するという内容で、ベッドの上に10万円をばさっとおかれたシーンは結構衝撃的でした。このドラマは研修医など医者が出てきますが、2人の恋に焦点が当てられています。他には白い巨塔ですね。これは回診の様子が凄かったです。医学部というのは一般人には全然わからない世界ですが、その中の権力争いなど、金品の授受などまるで政治の世界のようなどろどろした様子に驚いたのを覚えています。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加