訪問看護という仕事も増えていくのかもしれません

看護師さんに求められること

これからの将来、看護師さんに求められることというと、医療の進歩によって病気などかなり大変な人も生き続けられるようになってきたので、その人たちの生きている時間をどうするかという問題になってきます。重度の障害の方の施設や、高齢の方の施設でも看護師さんは必要ですし、病気を持った子供のできる限りの普通の日常のために学校に出向くということも、これからは増えるのかもしれません。訪問看護という仕事も増えていくのかもしれません。最近、これからは介護職にも痰吸引などの医療行為が可能になるとのことで、その研修を看護師が指導を行うみたいです。ネットで見たのですが、考えれば当り前ですが、看護師の仕事というのはそういう風に広がるのだという、新たな発見の感覚が私の中にはありました。このような状況の中では、より生命倫理の問題が重要になってくるように思われます。生きること、1秒でも長く生きることだけではなくて、どのように生きられればいいのか。それは真剣に考えなければいけない問題だと思います。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加